網膜剥離とは目の内側の網膜という部分が剥がれてしまい目が悪くなる

強い衝撃とは、頭をぶつけることで脳が揺れたり、目をぶつけたり何かに刺さったりすることです。

ひどい場合は失明するリスクもあります。

網膜剥離になる原因は頭や目に衝撃が加わったことが原因のようです。

まず、頭や目に衝撃が加わることで網膜が裂けてしまいます。

その裂けた網膜が次第に剥がれてしまうそうです。

網膜剥離にならないようにするには、網膜が割けないように目や脳に傷をつけないようにすることです。

頭や目をぶつけないように気を付けてください。

また、頭や目に強い衝撃が加わった後で、目の前をなにか、蚊のようなものが飛んでいるように見えたり、暗いところで雷のようなものが見えることがあります。

これらの症状がでたら網膜に傷がついている可能性もあるので、病院で診てもらうといいでしょう。

またオートバイや自転車は転倒しやすい乗り物ですし、生身の体で乗っているので怪我もしやすいです。

特にオートバイはスピードも車と同じくらい出るため怪我をするリスクも高いです。

当然、頭をぶつけることもあります。

死亡するような大きな事故ではなくても、脳に何らかのダメージが伝わることはあるので、ヘルメットはしっかりと被りましょう。また、ヘルメットの着用は法律で決められていることでもあります。

自転車の人もできればヘルメットを被って乗るようにするといいでしょう。