涙のう炎には慢性的なものと急性的なものがある

急性的な涙のう炎は、涙のうと呼ばれる目の部分に雑菌が入ることで、目が起こす炎症のひとつをいいます。

涙目によって引き起こされることや、結膜炎などの目の病気から涙のう炎になることもあるそうです。

また先天性のものも多いらしく、先天性のものは成長するにあたって自然と治るそうです。

急性的な涙のう炎は、涙がたまるところがいきなり強く痛み出すそうです。

また、目が赤くなることもあります。

目の痛みが酷くて眠れない場合もあります。

涙のう炎に対する予防法は現在は見つかっておりません。

ですが、結膜炎などの目の病気にならないように気をつけることで、涙のう炎になるリスクを減らすことはできます。

それに、医学の進歩から予防法はが見つかることもあるでしょう。

また、涙のう炎になってしまったら抗生物質などを投与して治療します。

切開手術ではなく、薬による治療が主流のようでした。

急性的なものは放っておいても自然に治りますが、治療を受けずに放っておくと急性的なものが慢性的なものに変化することもあります。

慢性的な涙のう炎になってしまうと、また色々不都合が生じるのでなるべく治療して治すといいと思います。